スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

独りの夜

2008-04-01 Tue 23:13
夢、愛、希望・・・。

どれも生きるのに必要なものだろう。

しかし、実際にはお金が必要だ。

「愛さえあれば」

「夢さえあれば」

それは、生きるために必要な経済力があって初めて意味を成す。

いくら愛だ夢だといっても、腹がふくれなければ無意味なもの。

でも・・・。

ご飯をお腹一杯食べても・・・。

温かいお風呂に入っても・・・。

ふかふかのベッドに横になっても・・・。

独りで過ごしてもつまらない。

貴方がいなければ・・・。

どんなことも味気ない。

どんなに大金が転がりこんでも・・・。

どんなに美味しい料理を食べても・・・。

どんなに好きな本を読んでも・・・。

どんな楽しいことでも・・・。

貴方の笑顔が無ければ。

独りの夜は心の闇。


貴方の眩しい笑顔で・・・。

心の闇を照らして下さい。
別窓 | 日記 檸檬 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

管理人からのお知らせですヾ(・ω・)

2007-10-31 Wed 02:52
いつも「言の葉一片」へのご訪問ありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ

このたび、チャット部屋「言の葉談話室」を開設いたしました☆

お時間のある方、仕事・勉強の合間に一息つきたい方、仕事してるフリをしてサボりたい方、最低限のマナーを守っていただければどなたでも大歓迎でございます♪

ぜひともお立ち寄り下さいませ( -_-)旦~

これからも「言の葉一片」をよろしくお願いいたします(*- -)(*_ _)ペコリ
別窓 | 日記 檸檬 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

「大人」と「子供」

2007-08-07 Tue 18:00
「大人」ってなんだろう?

「子供」ってなんだろう?

年齢を重ねれば「大人」になれる?

・・・見かけはそうかもしれない。

でも、本当に「大人」なのだろうか・・・。


何をもってして「大人」と判断する?

社会人として自立すれば「大人」なのだろうか・・・?


さまざまな出来事に直面し、対処し、解決できなくては「大人」とは呼べない。

そのためには、人生経験を多く積まねばならない。

しかし、それだけでは「大人」という「子供」ではないのか?

自己の感情を制御し、自由自在にコントロールできる・・・。

これは「子供」ではできないこと。

時に己に厳しく、時に己に甘く。

素直であり、自分の信念を持つこと・・・。

これが「大人」である要素かもしれない。


いくら年を重ねても・・・。

それを身につけなければ意味が無い。

「大人」になるのに焦る必要はない。

焦っても意味がない。


素直、遠慮、譲歩、色んなことを少しづつ学んでいこう。

「大人」になるために。

君も俺も、周りの多くの人々も・・・。

まだまだ「子供」なのだから。
別窓 | 日記 檸檬 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

夢という名の旅路

2007-07-05 Thu 23:52
人は夢無しには生きていけない。

人は夢のみでは生きていけない。

人が生きていくには二つが必要なのだ。

夢を持つことと・・・。

夢を捨てること・・・。

そんな矛盾の上で、人は生きていく。


人生は一度しかない。

やりたいことをやるのか?

堅実に生きていくのか?


やらずに後悔するのか?

やって後悔するのか?

先の見えない不安・・・。

無謀とも思える挑戦・・・。

誰もが反対するであろう人生の旅路。

挑戦して、挫折して、人生を棒に振るかもしれない。

やらずに堅実に生きていく方が賢明なのかもしれない。

どちらが正しいとも言えない。

しかし・・・。

山に登ろうといくら思っても山頂に到達することはできない。

山に登ると決めて、歩み進めていかないと、山頂には永遠に到達することはできない。


人には人の夢がある。

俺には俺の夢がある。

迷わず進もう。

自分の決めた人生の旅路を。

いくら先が見えなくても・・・。

いくら周りが反対しても・・・。

足を踏み出さなければ、永遠に近づくことはできないのだから。

混沌の暗闇の中・・・。

その先にある、光を信じて・・・。
別窓 | 日記 檸檬 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

人間って。

2007-01-27 Sat 03:31
人は皆、わがままだ。 わがままを持たない人間はいない。

人は皆、誰かに迷惑をかけながら生きている。

人は皆、誰かに迷惑をかけられながら生きている。

どんなに親しい間柄でも必ずわがままは存在している。

親しいからこそ存在するのかもしれない。

人は、わがまま無しには生きられない。

かくいう自分もわがままを言っている。

身内に多くの迷惑もかけている。

過ぎたわがままは自分勝手ととられる事がある。

その価値観は人それぞれである。

自分にとってはわがままでも、相手にとってみれば他愛も無いこと。

そんな事は日常茶飯事であるだろう。

適度なわがままは、言った方が自分にとっても相手にとっても良いかもしれない。

万人が賛同できないほどのわがままはこれに限らないが・・・。

わがままを言う事は罪なのかもしれない。

しかし、わがままを言わないのも罪である。

そして、それを許さないのも罪。

それは仕方のないことだ。

結局、どうあがいても人間は完全に綺麗になることは出来ないのだから・・・。
別窓 | 日記 檸檬 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

BACK | 言の葉一片 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。