スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

2006-08-07 Mon 19:10
『大人』が『子供』と直接『接触』するのは、『仕事』を与える時ぐらいだろうか。
『訓練』の時には『元子供』が色々『指導』することもあるが、最初から『大人』だった『人間』は強化ガラス越しに『子供』を見ているだけだしな。
あぁ、そうだ、もう一つ接する『機会』があるのを忘れていた。
この時はすでに『子供』ではなく、『実験動物』の扱いだが。
まぁ、『どっち』にしても大差は無い。
どうせ『両方』とも『地獄』だ。ここで、運良く、と言っていいのか…とりあえず『子供』が生き延びて『大人』になったという話をしよう。
『大人』になったからといって、『硝煙』と腐った『血』と『肉』が混じりあった『臭い』は消えない。
その上、これからは『子供』にその『臭い』を覚えさせなければならない『立場』だ。
本当に嫌な『立場』だな。
しかし、『元子供』の『大人』はそういう『運命』だ。
少しでも『そこ』から遠ざかりたかったら、『上』に上がってこい。
『昔』の『私』のように。
スポンサーサイト
別窓 | 文 「名も無き人間達」 例嬢 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<屑篭 | 言の葉一片 | 冥福>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 言の葉一片 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。