スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「言」

2006-07-03 Mon 05:58
言葉・・・。

それはコミュニケーションの方法。

人類の生み出した文化。

人は言葉を操る。

人は言葉に操られる。

言葉は人を惑わす。

言葉は人を貶める。

言葉は人を救う。

言葉は残酷で・・・。

言葉は優しくて・・・。

言葉は冷たくて・・・。

言葉は温かい・・・。

人があみ出した救いの手。

人があみ出した残酷な凶器。

人がいなければ言葉は意味をなさない。

人がいなければ言葉は生まれない。

人がいなければ言葉は・・・。

獣も言葉を操る。

言葉にならない言葉を操る。

それはきっと・・・。

もっとも合理的な言葉だろう。

何が言いたい?

何も言いたくない。

言葉は無力で・・・。

言葉は強い・・・。

人はもっともくだらない言葉を使う。

人はもっとも素敵な言葉を使う。

言葉は心そのもの。

言葉は表面的で・・・。

言葉は内面にある。

言葉・・・。

人類の発明の一つ。

この意味は誰に理解できる?

この意味は誰にも理解できない。

なぜ人は言葉を発明したのだろう?

コミュニケーションをはかるため?

人を傷つけるため?

人を救うため?

なぜ人は言葉を発明したのだろう

なぜ人は言葉を発明しなくてはいけなかったのだろう?

言葉を発明しなければ・・・。

傷つくことも・・・。

傷つけられることも・・・。

涙を流すことも・・・。

救うことも・・・。

救われることも無かっただろう。

言葉は人に発明されるために生まれたのか?

言葉は人を支配するために生まれたのか?

人が人である限り・・・。

言葉は永遠に存在し続ける。

人が人でなくなったとき・・・。

言葉は消滅する・・・。

言葉は本当に必要なのだろうか?
スポンサーサイト
別窓 | 文 檸檬 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<2006年 7月3日(月) | 言の葉一片 | 2006.7.3(月)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 言の葉一片 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。