スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

感謝

2007-03-19 Mon 23:55
「なぁ…『俺』を殺してくれないか。」
「何故?」
「あれだけ『人』を殺してきたのに…『お前』よりも踏んだ『場数』は多い。どんな『殺り方』だってできる。なのに…」
「なのに?」
「『自分』を『殺す』ことができないんだ…」
「………」
「いざやろうとして『ナイフ』を持つと『身体』が動かなくなるんだ…『仕事』では全然『平気』なのに…」
「…わざわざ『人』に頼まなくても、別の『方法』にしたら?『決着』は『自分』で着けた方が絶対いい。」
「『俺』もそれはわかってるよ。でも、『俺』は『ナイフ』でやりたいんだ。『俺』が一番使った『物』で『最後』を迎えたい…」
「…どうしても?」
「…どうしても。」
「…わかった。」
「…『感謝』する…」
スポンサーサイト
別窓 | 文 「名も無き人間達」 例嬢 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<2007.3.19(月) | 言の葉一片 | 2007.3.9(金)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 言の葉一片 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。