スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ヒトの創りもの

2008-10-16 Thu 04:59
先日、ノーベル賞の受賞者が発表された。

また、人が自然界の真理に一歩近づいたということだ。

非常に喜ばしいニュースではないか。

この暗い世の中においてはなおさらだ。

だが、今までに人は何を創造し、何を理解したのだろう?

この自然界の何パーセントの真理を突きとめたのだろう?

人は自然界に存在するあらゆる物質を発見し、

それらを利用して己の能力をはるかに凌駕した道具を作ってきた。


人は自然界に存在するあらゆる現象を研究し、

それらを議論して己の想像をはるかに凌駕する真実を突きとめた。

果たして、これらの無数の事実は有限なのだろうか。

それとも無限?

人は人の仕組みを、宇宙の構造を、物体の性質を知ろうとする。

実際、多くの数えきれないものを後世に伝えている。

否、伝え続けようとしている。

人は自身が見たこともない事実すら解明している。

人は自身が日常的に見る事実すら解明できていない。

科学で証明できないことなどない・・・。

本当にそうなのだろうか?

いくら科学が進歩しても、

結局、人は己の知識の中に世界を閉じ込めようとする生き物なのだろう。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 檸檬 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

| 言の葉一片 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。